ホーム 隙間運動で痩せる。正しいダイエットメカニズム

「有酸素運動20分間」説は間違い!?

隙間運動で痩せる。正しいダイエットメカニズム

ダイエットには長時間の運動が必要と思っていませんか?
身体の仕組みを知ることで、ダイエットのための運動時間を減らすことができるかもしれませんよ。

ダイエットの為に脂肪を燃焼させるには20分以上の有酸素運動が必要という説があります。

有酸素運動というとランニングやスイミング、縄跳びなどが挙げられますが、20分間続けるのはなかなか大変なもの。ダイエット半ばで挫折した経験のある人も多いのではないでしょうか。

実はこの「20分以上有酸素運動しないと脂肪が燃焼しない」というのは、大きな誤解です。
一回の運動で脂肪が活発に分解するにはタイムラグがあり、このタイムラグが20分程度であり、連続で続けなければ脂肪が燃えないというわけでないのです。
重要なのは一日トータルでどれだけの運動をするかです。

一日の隙間時間に少しづつ運動をする習慣をつくるだけで、充分ダイエットに効果的なのです。

ダイエットに重要なのは高負荷の短時間運動

隙間運動で痩せる。正しいダイエットメカニズム2
長時間続ける軽度な運動よりも、短時間で高負荷の運動がダイエットには効果的です。
ダイエットで注目するのはカロリー消費ですが、ランニング5キロ30分続けても消費カロリーはわずか350kcal程度です。
脂肪1キロはおよそ7000kcalに相当すると言われています。

つまり、わずか1キロの脂肪を消費する為に必要な有酸素運動は30分のランニングが20日間必要という計算になります。
ここで注目したいのは基礎代謝です。
基礎代謝とは何もしなくても生命活動だけで消費する一日のエネルギー量のことですが、成人30歳女性の平均は約1200kcal程度もあります。

この基礎代謝は筋肉量に比例します。
短時間で高負荷のかかる強度の強い運動で体の筋肉を肥大させることで基礎代謝もアップし、基礎代謝以内であれば食べても太らない体をつくることができるのです。
有酸素運動は筋肉量を減らす傾向にあり、この基礎代謝を下げてしまう可能性もあります。

短時間でゆっくり行う腕立てや腹筋、ダンベル運動が有酸素運動よりもダイエットには効果が高いことが多いのです。
30分のランニングは大変ですが、短い時間であれば時間も取りやすく、一回の身体への負担も少なくすることができます。

朝のラジオ体操でダイエット効果アップ!

子どもの頃、夏休みにラジオ体操をしていた方は多いのではないでしょうか。
今、この朝のラジオ体操がダイエットに最適と注目を集めています。

人間の身体のリズムは交感神経と副交感神経という自立神経でなりたっています。
この2つのうち、交感神経は人間が活動している時に働く神経でダイエットにかかせないエネルギー消費に大きく関わっています。
交感神経が働くことで血液の流れが促進されて身体はエネルギーを活発に消費しようとします。

朝、ラジオ体操程度の運動をすることで交感神経を刺激することができ、早い段階から身体をエネルギー消費状態にすることができるのです。
上手く交感神経を働かせることができれば、基礎代謝10%程度の向上が期待できると言われています。