ホーム 運動でリバウンドのないダイエットをするための秘訣

1、ダイエットとは

ダイエットというと、食事制限を思いつく人が多いですが、体に筋肉をつけることでリバウンドしないダイエットを目指そうという内容です。

2、ダイエット効果のあるウォーキングの方法

運動でリバウンドのないダイエットをするための秘訣

ダイエット効果を狙うウォーキングには、コツがあることを皆さんはご存知でしょうか。

ただ、やみくもに歩くだけでは、効果的なウォーキングだとはいえないのです。
有酸素運動は、始めると最初の段階では糖が消費されます。
次に、時間が経つと脂肪が消費されます。

なので、多くの人が長時間の運動をしなければ脂肪が消費されないと考えてしまうのです。
しかし、お仕事をしている人や学生さんなどは勉強や学校に行っている時間もあり、毎日の長時間確保は難しいですよね。

ダイエットに効果的なウォーキングの時間は1日15分ぐらいから初め、慣れたら20分~30分でよいのです。
15分であれば、仕事や学校のお昼休みや通勤前、通勤後など続けられます。

また、ウォーキングの速度は少し息がはずむくらいで行いましょう。
姿勢にも気をつけて、ウォーキングを行ってください。
ポイントは上出を大きく振り、腰をひねるように歩くのです。
そうすると、自然と歩幅が広がり歩きやすくなると感じるはずです。

さらに、行う時間帯も大切なポイントとなります。
夕方4時前後は、体脂肪消費に効果的な運動ができる時間帯なのです。
理由は、交感神経が活発に働いている時間帯であるということなのです。

この交感神経が働いている時には、人間の心拍数が上がります。
心拍数が上がると、血液量が増えるために体の脂肪の消費が更に促されることになります。

逆に、避けたほうがよい時間帯も知っておきましょう。
副交感神経が、活発になっている時にはウォーキングは避けましょう。

例えば、朝起きてすぐの時間帯や、終身の前食後すぐの時間帯がそれに当たります。

3、筋肉トレーニングの最適な頻度

筋肉トレーニングなどは、ドラマや映画の中では、毎日行っているシーンなどがよくあります。
毎日、かなりの負荷をかけて続けなければならないのかというと、答えは、ノーです

つまり、腕立て伏せや腹筋、100回や200回などは、ダイエットにはあまり意味がありません。
ポイントは、筋肉に適度な負荷をかけて、2日に1回行うのが、ベストです。

適度な負荷というのは、例えば10回連続で行うという豊富尾です。
これを、3セット、朝、昼、夜などのペースで行うとよいでしょう。

筋肉に負荷をかけると、筋肉がダメージを受けます。
それが回復するまでに必要な時間は、72時間程度といわれているのです。

回復前に、トレーニングしても、逆効果になりますので、注意しましょう。