ホーム 一日の食事量そのままで減量成功!効率良くカロリー消費する食事法

効率良くカロリー消費するのがダイエットのカギ

太ってしまうのは、「体内に入るカロリー」に対して「使われるカロリー」が少ないから。

つまり、食事から摂ったカロリーを上手に消費することがダイエット成功のカギだと言えます。

「カロリーを効率良く消費するにはどうすれば良いかな?」と考えてみて、僕が実践して効果があった方法を紹介します。

太ってしまう原因は夕食のカロリー!?

ダイエット情報まとめサイトのキュート

みなさん、朝食、昼食、夕食と一日三食の食事の中で、一番豪華でボリュームある食事はどの食事でしょうか?

家族と暮らしている方などは特に、夕食が一番ボリュームのある食事ということが多いのではないかと思います。

僕は一人暮らしで、自分で好きな時間に好きなように食べることができるのですが、一人暮らしを始めた頃は、家族と暮らしていた時の習慣どおり夕食を一番豪華な食事にしていました。

でも、夕食後の行動を考えてみると、テレビや趣味に没頭して風呂に入って寝るということが多いんですよね。
ダイエットで食事量を全体的に抑えたとしても、夜に食べたものの消費が上手く行われず、結果的に脂肪になっているんじゃないかなと思ったんです。

夕食後、外に出てランニングなどすれば消費できて良いのでしょうけど、仕事で疲れている平日の夜にそんなことをする元気は自分にはないなと思いました。計画は実行可能なものにすることが大切です(笑)。

 

夕食と昼食のボリュームを変えてダイエット成功!

そこで考えたのが、昼食を一番豪華な食事にするという方法です。

昼食なら、たくさん食べたとしても午後の行動によってカロリー消費することができます。
少なくとも、食べて数時間後には就寝という夕食より、だいぶ効率良くカロリー消費できるはずだと考えたのです。

そんなわけで、

・昼食は一日の食事のメインと考えて好きなものを好きなだけ食べる
・その分、夕食は控え目にする

という食事のスタイルに変えてみました。

この食事スタイルは、僕に非常に合っていたようで、一日の食事量は変えていないのに体重を減らすことができ、しかも以前より太りにくくなりました。

なにしろ一日の食事量を変えていないので、変に「我慢している」というストレスを感じることもありません。

三食の中で昼食のボリュームを一番にするというこの方法、誰にでもできるしお勧めしたい方法ではあるのですが、一つだけちょっと困ったことがありました。

昼食でたっぷり食事を摂ると、消化のために消化器官に血液が集まり、その分脳への血液の循環が減ってしまいます。
このため、食後、眠気に襲われることが……。

午後の仕事に支障が出てしまうのでは困りますよね。
食後の眠気を抑えるためには、消化しやすいものを食べるようにしたり、よく噛んでゆっくりと食べるよう心がけると良いみたいです。

僕はこの方法で効果的にダイエットできました。
食べる量を減らさずにダイエットしたいと考えている人は、ぜひ試してみてください。